伝統的な神前式の事情を知る!費用を把握して賢く挙げる

新郎新婦

かかる費用を把握

和婚

日本伝統の式にするなら

近年では、神前式で結婚式を挙げるカップルが増えています。日本伝統の衣装を身にまとい、雅楽隊による演奏という雰囲気の中で執り行われるのが、神秘的に感じられるということで、人気を博しているのです。そのため、多くの結婚式会場でも、神前式用の部屋を準備しているところが多くなってきています。神社や寺院だけでなく、結婚式専用の施設やホテルであっても気軽に神前式を選べる様になっています。しかし、同じ結婚式だからといって、洋式のものと同じ費用がかかると思われがちです。洋式のものとは衣装や道具に、式の段取りでだいぶ異なってくるので、費用にも差が生じてきます。もし、神前式で挙げる予定なら、ある程度かかる費用について何でいくらかかるのかを知っておきましょう。

どんなところで費用がかかる

神前式では、まず花嫁の白無垢や打掛といった伝統衣装を使用します。結婚式会場でのレンタルを受付けていますが、普通にレンタルすると高い費用がかかってしまいます。結婚式会場が設けている特典を活用すれば、ある程度は安く抑えられます。式場の公式サイトをチェックして神前式に関する衣装レンタルのクーポンやキャンペーンが設けられているのかを確認しましょう。また、写真撮影を依頼する業者探しでも、注意したほうがいいことがあります。出来るだけ、神前式での結婚式になれた業者を選んでいったほうがいいです。なぜなら、神社や式場では独特の撮影ルールが存在するからです。手慣れていない業者に依頼をすると、ルールに則ってきれいな写真を撮影してくれないことも考えられます。難易度が難しいからといって割高にしてくることもあるので、神社や式場と提携を結んでいる業者にお願いしましょう。

アレルギー対応も可能

花嫁と花婿

結婚式場を予約する時には、招待客に提供する料理についても考慮しなければなりません。アレルギーを持っている人がいる可能性があるからです。東京のホテルには、アレルギー対応をしてくれるところがあるので、事前に相談しましょう。

読んでみよう

アットホームな式を開く

結婚

アットホームな雰囲気の中で挙げられる家族婚は、費用が安く抑えられるのが特徴です。少人数での式となっているので会場レンタル費用が安めに設定できます。それに、演出もゲスト全員参加が可能となっています。

読んでみよう

サイトで選ぶ招待状

手紙

結婚式の招待状について、どんなものにするかお悩みなら、専門サイトを活用するのはいかがでしょうか。いろんな種類のものが扱われているだけでなく、オリジナルで作るためのテンプレートもあります。

読んでみよう